main

president 福井製薬は大正6年の創業以来、
タウリン(1827年ドイツでその存在を明らかにされ、
心臓・肝臓・中枢神経・視覚系統等に良い影響を与える薬理作用があり、
身体中の器官障害を抑制し、活性を促進する作用がある。)
を主成分とした製剤(大衆薬)を一貫して製造し、
今後も社会機構の複雑化に伴う成人層並びに
高齢化社会の健康維持のために奉仕していく考えであります。

会社概要

  • 社名福井製薬株式會社
  • 創業大正6年
  • 設立昭和9年9月19日
  • 代表者代表取締役社長 福井康夫
  • 資本金3,750万円
  • 従業員40名
  • 本社・工場 地図を表示 〒536-0002
    大阪市城東区今福東3丁目1番26号
    電話 (06)6939-7231 / FAX (06)6939-2670
  • 事業内容医薬品・健康食品・化粧品の研究開発・製造販売
  • 社是強く明るく朗らかに
    信念と慈愛と誠意に生き
    感謝と奉仕の気持ちを忘れまい
  • 社訓智目行足

沿革

  • 1917年

    ・福井康介が、池田修一郎と池田製薬合資会社として東京都葛飾区向島に創業し、タウリンを主成分とする医薬品の製造販売を開始

  • 1919年

    ・福井康介が、東京都高田馬場において福井商会を創設し、タウリン結晶の製造及びタウリン注射薬タウロールの製造販売を開始

  • 1923年

    ・福井商会を大阪市東淀川区中津本通に移転

  • 1927年

    ・福井商会が「タウロイックス」の製造販売許可を取得

  • 1934年

    ・山田孝治郎が、東京都大田区西六郷において日本製薬株式会社を設立し、池田製薬合資会社の事業を継承

    ・資本金10万円、池田ツネが代表取締役社長

  • 1935年

    ・福井康介の引退により、福井勝治が福井商会を継承

  • 1936年

    ・福井商会を大阪市旭区生江町に移転

  • 1938年 ・福井勝治が、チェーン販売網の開拓を目的として新興製薬会社を設立
  • 1943年

    ・福井商会、新興製薬社、日本製薬株式会社の三社が合併し、福井製薬株式會社に商号変更

    ・福井勝治が代表取締役社長に就任

    ・資本金19万円に増資

  • 1946年

    ・資本金200万円に増資

  • 1948年

    ・資本金500万円に増資

  • 1950年

    ・販売権を西日本薬品株式会社(現日邦薬品工業株式会社)に委託

  • 1957年

    ・福井製薬株式會社を大阪市城東区今福に移転

  • 1958年

    ・西日本薬品株式会社より「ミラグレーン」発売

  • 1960年

    ・資本金800万円に増資

  • 1961年

    ・資本金1000万円に増資

    ・西日本薬品株式会社より「タウロミン」発売

  • 1971年

    ・資本金2000万円に増資

  • 1972年

    ・資本金3000万円に増資

    ・新社屋及び液剤工場完成

  • 1975年

    ・資本金3750万円に増資

  • 1976年

    ・錠剤工場及び製品倉庫完成

  • 1982年

    ・福井勝治死去により、福井康夫が代表取締役社長に就任

  • 1986年

    ・液剤をアンプル瓶からドリンク瓶に変更

  • 1993年

    ・大日本製薬株式会社より「小粒タウロミン」発売

  • 2005年

    ・「小粒タウロミン」の販売権が、大日本製薬株式会社から興和株式会社に移譲

    ・株式会社今川産業製薬より、「強力タウロイックス」「タウロイックスV」の製造販売権を譲受

  • 2013年

    ・糖衣棟が完成し、糖衣部門と研究開発部を移設